これで解決!タマディックのお悩み

MENU
タマディックは、転職してから配属先が決まるのですか?
MENU
タマディックの航空分野には自信がありますが、転勤はありますか?
MENU
タマディックでその分野の研究を定年までずっとつづけられますか?
MENU
航空宇宙・自動車のほか、タマディックにはどんな分野がありますか?
MENU
エンジニアとして味わう辛さ・苦しみなどはありますか?
MENU
転々と違った分野の研究開発を強いられることはありますか?

転々と違った分野の研究開発を強いられることはありますか?

これで解決!タマディックのお悩みmain画像

タマディックは短期のプロジェクトで転々とさせられるのでは?事業分野の特質性などから考えます。

転々と違った分野の研究開発を強いられることはありますか?

研究開発といっても無数の分野がありオーダーがあります。

タマディックのような重厚長大系で、しかも先端技術系の会社はどんなでしょうか。

実際を探ってみましょう。

●プロジェクトは3年、5年、10年が当たり前。

分野やクライアントによるのでしょうが、同じ研究開発でもプロジェクトの期間が1年というのはとても短い部類に入ります。

タマディックのように航空宇宙や自動車といった分野は研究開発のテーマが難題で奥深いものが多く、当然期間も長期化します。

3年、5年、長いものでは10年を要するものもあると聞いています。

●短期の技術開発オーダーは受けない方針。

とくにタマディックの場合、エンジニアを“ただのこなすための技術者”として雇用しているのではなく、人材育成、タマディックの経営資源として長期的な視点から育てるという意味合いを大事にしています。

短期開発の「なるべく早く作ってもらえれば良い」といったようなオーダーは受けないというのが基本です。

そのようなことを考えると、3年~5年は当たり前。

転々とするのではなく、本人の意向と会社の見立てによって、次にはどんな技術を修練するかといった視点での配属になると思います。

●同じ技術者であるなら大きな計画に携わりたい?じっくり腰を据えた研究開発と自分磨きの環境がタマディックには備わっているようです。

プロジェクトの大きさで価値が決まるわけではありませんが、タマディックに入社した技術者の満足度が高い理由は、“テーマとじっくり向き合えること”です。

短期で次々と渡り歩くというより、1つのミッションをチームで達成していく醍醐味が、やり甲斐になっているようです。

注目Page:日本の会社員が「世界最低」となる指標は何か

これで解決!タマディックのお悩み Copyright (C) www.borgeaudwatches.com.